読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

横浜クルーズ

BOAT PEOPLE Association主催の横浜キャナルクルーズに参加させていただいた。横浜の隙のないよそ行きの顔から始まり、隙だらけの素の顔、水路を横断する様々な橋梁、上空に架かる艶めかしい高架橋、色とりどりのコンテナヤード、工場萌えな景観に至るまで、…

砂の杭

週末にサンドドレーン船を見て、半年ほど前にも同じような船を見た記憶が蘇ってきた。そこで、そのときの写真を引っ張り出して見比べてみた。よくよく見てみると、ディテールが異なっている。ネット上でイメージ検索してみると、こちらの方はどうやらサンド…

グッドデザイン

今日から3日間、東京ビッグサイトで開催されるGOOD DESIGN EXPO 2008に早速行ってきた。グッドデザイン賞のノミネート作品が一挙公開されるイベントだ。土木分野からは、首都高中央環状線の換気塔とか、代々木パーキングエリアとかが出展されていた。徐々に…

壁に垂れる道

巨大なタンカーの甲板から海面に向かって吊り下げられているはしご。ところどころに突き出しているアウトリガーみたいな棒によって、くるくる回るのを防いでいるのだろう。プリミティブな工夫だけど、効果は高そう。ローテクはなごむね。

工場クルーズ

昨日は千葉港を巡る遊覧船に乗った。この遊覧船から見える眺めは、基本的に工場しかない。食品工場のサイロや、石油工場のタンクや、羽田空港の滑走路や、製鉄所の原料ヤードやコークス工場なんかの絶景を、連続して鑑賞することができる。 船からの眺めのい…

人気のないすてきな橋

首都高速道路湾岸線のA型主塔を持つ一面吊り斜張橋・鶴見つばさ橋。プロポーションもいいし、構造デザイン的にも造形的にもバランスがとてもよく感じられる。個人的には、側径間が寸詰まりの吊橋・レインボーブリッジよりも、仰々しいH型主塔の斜張橋・横…

巨大なおしり

このところ、水にまつわるものに接触する機会がやけに多い。先日は、国交省が企画した「春クルーズ・船で行く工場見学ツアー」に参加し、三井造船千葉事業所を見学させていただいた。僕が参加した回は、諸事情により造船所に船で上陸できず。ツアーの魅力の…

水上都市

昨日は横浜キャナルクルーズに運良く参加させていただいた。これは、横浜や川崎の運河クルーズ体験が新たな観光資源となり得るか、どのような仕掛けを用意すればよりよい体験が得られるかと言った、検証実験的な位置付けで行われたもの。子安地区を中心に、…

道路と航路

湾を跨ぐ道路は、航路を横切るケースが多い。 航路を確保するためには、その区間に橋脚を入れられないだけでなく、路面の位置も上げなければならない。路面の位置が高い橋は、建設費も高い。だから、航路以外の部分はできるだけ低くしたい。 という当たり前…

チバ・シティ

「港の空の色は、空きチャンネルに合わせたTVの色だった。」サイバーパンクの決定版として名高いウィリアム・ギブスンの小説『ニューロマンサー』の冒頭には、こんな風に千葉港の情景が描かれている。この小説が書かれた80年代の前半、工業地帯はまさに…