読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

ほぼ落書き

橋梁 演出


JR御茶ノ水駅のホームから見えるコンクリートアーチ橋、聖橋。震災復興橋梁として、昭和2年(1927年)につくられた。建築家の山田守の手による威風堂々とした姿の良さもさることながら、ホームが絶好の視点場になっているというシチュエーションがたまらない。間違いなく、東京を代表する名橋のひとつだね。
ただし、後から描かれた偽物の「目地」はいただけない。無理をしてでも石造アーチ風に見せたいという意図を、百歩譲って認めたとしても、描かれている線が間違っていることは許しがたい。アーチ中央にあるべき要石はどこいったんだ。