読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

東京でパークアンドライド

道路 地下


東京駅と首都高は直結している。そんな驚愕の事実を、つい数年前に知った。以前、実際に見に行ったのだが、八重洲地下駐車場の地上出口の隣に首都高出口があり、ちゃんと通行料金を払う窓口もある。ぱっと見は普通だけど、ちょっと考えるとびっくりする眺めだ。いつかは車で首都高から東京駅に乗り付けて、パークアンドライドもどきをしてみたいと思っているのだが、なかなかそんな機会がない。

地上は東京駅八重洲口前広場と外堀通りと八重洲通り、地下1階は巨大な八重洲地下街、地下2階は八重洲駐車場とそのド真ん中を貫く首都高。つくられたのは40年近く前、高度経済成長の頃。いま考えても、首都の中枢で鉄道と高速道路を結びつけようという発想は斬新で、スケールのでかさを感じる。

ちなみに、外堀通りはその名の通り、かつては江戸城のお堀だった。そのお堀は終戦直後に焼け野原の残骸によって埋め立てられ、道路整備とゴミ処理の一石二鳥を実現したという。この地下街と首都高はそれをさらにほじくり返したので、かなり難工事だったのだそうな。

そういえば、日本橋川の景観を復活させようとする議論はされているけど、外堀の景観を復活させたいっていう議論は聞いたことがないな。