読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

コンクリートのトラス


トラス橋は鋼製があたりまえ。鋼材は引張力にも強いし、軽くて組み立てやすいもんね。複雑な形状になるトラス構造は、鋼でつくるものだ。
そう思い込んでいたので、この鉄筋コンクリート製のプラットトラス桁を見たときには、かなりびっくりした。名前は龍閑橋。神田駅と東京駅の中間点くらいに、桁の一部と親柱が保存されている。大正15年(1926年)につくられたものだそうな。
新技術の開発のために、実験的につくられたものなんだろうね。なかなかの意欲作。コンクリートの表面はだいぶ傷んでいるけど、丁寧な仕事っぷりが伝わってきた。