読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

熱い風を送る装置

産業 改修


ランドシャフトパークの高炉も頂上まで登ることができる。フェルクリンゲンではヘルメットをかぶることが求められて、それはそれで臨場感が出るうれしい体験だったのだが、ここではまったくノーチェックどころか、係員すらどこにもいない。なんてあけっぴろげなんだ。
階段を登る度に変化するシークエンスはすごく楽しい。特に象徴的な熱風炉の姿を、何ものにも邪魔されず多角的に眺められるのはいいね。このようにアンカーポイントになる景観が存在することが、公園の価値をさらに引き立てている。