読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

宙に浮くアール

ペデ 構造


きれいなカーブを描く鋼箱桁が浮かんでいるこの光景、不思議でしょうがない。エンジニアリングに対する絶対的な信頼がなければ、橋脚のないこの橋を渡ることはできないよね。いやほんと、うっとりするよこの橋。ドイツの橋梁デザインは、本質を突きながらもやり過ぎていないところが心地よいな。まじめというか、素朴というか。
ルール工業地帯のゲルゼンキルヒェンに架かるこの橋のスペックなどは、こちらからどうぞ。
schlaich bergermann und partner : Footbridge harbour Grimberg