読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

プチサヴォア邸

建築 演出


せっかく車でパリに来たのだからと、建築巡礼を気取って、郊外にあるル・コルビュジエのサヴォア邸に行ってみた。
前日にグーグルで調べた場所にはなんとも貧相な白いゲートがあって、本当にここが入り口なのかどうか、思わずあたりを見回して確認してしまった。いぶかしげにそのゲートをくぐりふと右手に目をやると、この写真の白い建物が。
えっ?これがあの有名なサヴォア邸?いやいや、いくらなんでもそりゃないでしょう。場末のさびれた遊園地ですか、ここは。と、すっかり気分が萎えてしまった。いやいや、場末のさびれた遊園地は好きだけど、そんなことをサヴォア邸に期待していたわけではないのでね。
とにかく、言うまでもなくエントランスの演出はとても大事なことなので、このもやもや感はなんとかならんのかなあ。まあもともと「私邸」だからいいけど。あ、それともあれか、ここから続く林の中の小道とそこからチラリと見え隠れする白いサヴォア邸の見事なシークエンスを際立たせるために、一度テンションを下げるというコルビュジエが仕掛た演出なのかな。とすると、あっさり引っかかってしまったな。
そうそう、当然のことながら、実際のサヴォア邸は素晴らしかったよ。どこをどう撮ってもあたかも建築雑誌なんじゃないかと勘違いさせてくれるので、うれしくなって何枚撮ってしまったことか。