はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

人工の大地の写真集


オランダで暮らし始めて10ヶ月ほど経ったとき、少年院を改装したというなんともオランダらしいホテルに宿泊した。面白いリノベーションが施された内部をじっくり散策していると、図書コーナーのテーブルの上に置かれていたばかでかい写真集に目が釘付けになった。それは直線で構成された広大な農地の航空写真。これはなんだと衝撃を受けてページをめくってみると、水路、工場、建造物、宅地、船舶、道路、海岸など、土木的スケールの不思議な風景を題材にした高解像巨大見開き航空写真のオンパレード。もやもや思い描いていたオランダの国土に対するイメージが完全にビジュアル化されていて、軽いめまいとともにすっかり興奮状態に陥った。
この「nlxl」という写真集は、オランダの航空写真家であるKarel Tomeïによるもの。ストレートないいタイトルじゃないか。なにしろ大きさが48x362x289mm、重さが4641gもあって、その大きな判型はあきれるほど伸びやかなオランダの風景にばっちり合っている。こちらのオフィシャルサイト(Karel Tomei: Flying Camera)のギャラリーで、小さいサイズだけどいくつか写真が閲覧できるので、まずはご覧いただきたい。
そんなわけで、自宅用と実家へのおみやげ用に2冊、オランダのネットショップで買い求めた。それほど高くはなくて、たしか1冊60ユーロほどだったと思う。ところが日本のアマゾンで調べたところ、33,686円の値付けがされていた。そりゃないよと思いもう少し調べてみると、どうやら今年の4月に3,410円で再販が予定されているようだ。もしかすると大きさが違うかもしれないけど、これは安いね。うらやましい。興味がある方は迷わず購入した方がいいよ。


Nlxl

Nlxl

Nlxl: Nederland Van Boven / Holland from Above

Nlxl: Nederland Van Boven / Holland from Above