読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

緑の中の昇降

地形 ペデ

f:id:hachim:20160921175859j:plain

チューリッヒから電車で15分程度で行けるバーデンという街に、いろいろなミスを重ねてしまって1時間以上かけて到着した。お目当ては、市街地とリマト川の高低差を解消するリフト付き歩道橋。駅前の傾斜地につくられた人工地盤に接続している。

茶色のトラスのタワーと下路桁橋は、想像以上に緑に溶け込んでいた。というか、緑が旺盛すぎて構造物全体が見えるポイントは皆無だった。このリフト付き歩道橋を見るためには、落葉時がベストだろうな。しかしまあ、エレベーターの箱は全面がシースルーなので、緑の中を縦方向に移動すること自体がとても楽しい体験が得られた。

ちなみに、リマト川を渡る歩道橋はエレベーターのタワーをヨコにしたような姿で、セットでつくられている。川の風景とのおさまりがとてもよく、時間がないというのに駅で買ったサンドを食べながら、ぼんやりだらだら過ごしてしまった。バーデンは旧市街を中心に見どころが多いようなのだが、完全にスルーせざるを得なくなった。チューリッヒに戻る際にもうっかり各駅停車に乗車してしまい、図らずしてのんびりとした電車の旅になった。長旅の後半は疲れが出ていたので、結果的にちょうどよかったな。

それはさておき、縦方向の移動と横方向の移動をセットで体験できる「リフト付き歩道橋(仮)」には、独特の面白さと今後の可能性がありそうだ。これからも事例を探して、しっかり押さえていきたい。となると、次はスペインかな。