読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

抜け殻になったコンテナターミナル

f:id:hachim:20170105010501j:plain

タンジョン・パガー・コンテナ・ターミナルのあの感動を再び味わいたくて、2年半ぶりにシンガポールを訪れている。そのターミナルを一望できる高層高級住宅を訪問したのだが、窓の外を見るなり腰が抜けた。なんと、広大な敷地がほぼ空っぽなのだ。色とりどりのかわいい箱たちはほとんど置かれていないのだ。黄色や緑のキリンたちはどこか寂しそうに身を寄せ合っているのだ。えええなんでなの?お正月休みなの?大恐慌なの?などと慌てふためいた。少し落ち着いてから眺め直してみると、これはこれでたいへん面白い。そして、この事態がなんなのか、ネットで少し調べてみた。

すると、シンガポールの各地に分散しているコンテナターミナルをトゥアス地区に集約する動きがあるという情報が得られた(AsiaX|シンガポールの港移転計画)。集約による効率化とともに、コンテナ船の大型化に対応するためだそうな。ちなみにトゥアス地区の築港事業には日本のゼネコンも参加しているみたいだし、新たなコンテナ管理システムやガントリークレーンも日本の商社やメーカーが参入しているみたい。宿泊地の机で少し調べれば、いくらでも情報が出てくるってすごい時代だよなあ。そしてなんと、目の前のコンテナターミナルはわずか5日前の12月31日に閉鎖されたばかりらしいのだ(Seatrade Maritime News|Could this be the last containership to call PSA Singapore's Tanjong Pagar Terminal?)。あああなんというタイミング。まあでも、この状態を真っ先に見ることができたというラッキーを受け入れるべきだよね。シンガポールの国家戦略のスピード感を実感できたことを喜ぶべきだよね。うん。

ところで、一部に置き去りにされた青いコンテナがあり、たいへん不思議に思った。望遠レンズでコンテナの側面を確認すると「HANJIN」の文字が。あれ?聞いたことあるなと思って先ほどと同様にネットで調べると、昨年8月末に経営破綻した韓国の韓進海運のものであることがわかった。ああこれって手数料が払えずに積荷を動かせなくなって、世界中の物流が大混乱したやつだ、ということを思い出した。なんと、その荷物が閉鎖されたシンガポールのターミナルに残されていたのだ。そんな背景を知ると、このシーンの視覚的な説得力がすごいことがわかる。これからいったいどうなるんだろうね。

ともあれ、在りし日のタンジョン・パガー・コンテナ・ターミナルの様子を、2年半前につくったタイムラプス動画でご確認ください。


Singapore Container Terminal [HD]