読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

楽しいラジオ

メモ

f:id:hachim:20170119215512j:plain

本日の午後、TBSラジオの名物番組『たまむすび』の「おもしろい大人」というコーナーに出演させていただいた。なんと、赤江珠緒さんとピエール瀧さんとお話をしたのだ。その25分間はとても楽しい時間だったのだが、やはり緊張と興奮が激しかったようで、放送後の疲労は相当なものになっている。ウトウトと寝てしまう前に、取り急ぎメモを残しておこうと思う。

なぜ僕がこの番組に出ることになったのか、対談の早い段階で瀧さんから経緯を簡単にご説明をいただいた。どうやら、シンガポールでの僕のツイートが起点になったらしい。たまたま瀧さんのタイムラインにそのリツイートが現れたのでいろいろ見てみたら、「ぶっ飛んだドボク写真がたくさん出てきたので、この人を呼んでゆっくり話を聞こうじゃないか」となったという。そのお話を受けて、うっかり「ツイッターってすごい、ラジオにも出られるんですね」と言ったところ、赤江さんに「敷居の低い番組で…」と切り替えされた。それまではガチガチに緊張していたのだが、このやりとりでいきなり気持ちが軽くなった。

やはりプロのトーク技術はすごいね。おそらく最初のうちにちょこちょこ探りを入れて、相手がおしゃべりやすくなる話の振り方を見出していくのだろう。そこから先はテンポ良く適切に誘導してくださったので、時間配分や抑揚などを考えることもなく、大船に乗ったつもりで楽しく話をすることができた。ビジュアルに頼るプレゼンができず、しかも、生放送というこれまで経験したことがない状況だったにもかかわらず。ラジオというメディアの可能性って、まだまだたくさんあるってことを、いまさら感じたな。

また、「おもしろい大人」という位置付けで呼んでいただけたことは、自分が目指している姿勢であるだけに本当にうれしい。しかも、学生の頃から聴いていた「電気グルーヴ」のピエール瀧さんにお目にかかって、楽しくお話をして、当時購入したCDにサインもいただいたのだ。そりゃもうテンション上がりっぱなしになるよねえ。

なお、放送後に番組スタッフの方に「うちの耐震補強すごいんですよ!」と言って見せていただいたブレースやダンパーは、本当にすごかった。この吹き抜けの最下部は喫煙所として使われているのだが、なんとも贅沢な喫煙空間だねえ。