はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

地を這うモノレール

f:id:hachim:20170727191044j:plain

湘南モノレールは起伏が多い地形との関係がとても面白い。中でも最大の見せ場は、トップスピードで山岳トンネルに突入する場面だと思う。いやほんとびっくりしたよ。都市にあるはずのモノレールが、なんのためらいもなくトンネルに突っ込んでいくんだもの。

その他にも、地表を一部開削して地面すれすれを駆け抜ける部分も楽しかった。それが地上からはどう見えるのかが気になって、途中駅を降りて少し歩いてみた。すると、補剛材のリブがバリバリに入った桁が視線の高さに現れて大興奮。遥か上空にあるはずのものが目の高さにあるんだもの、楽しいよねえ。そして、ワクワクしながらモノレールの通過を待っていると、ついにその時がきた。

あれ?あれれ?なんだか迫力がないな…。というか、普通の電車にしか見えないじゃないか…。

つまり懸垂式モノレールの魅力の源泉は、車両の直下の空間にあるということに気がついた。そして、いまさらなにを言っているのかと、自分を問いただした。

単線モノレール

f:id:hachim:20170722202457j:plain

先日、湘南モノレールを体験してきた。乗るのも見るのもあまりにも楽しかったために、終点の「湘南江の島駅」まで行ったにもかかわらず、夏の海を体験することをすっかり忘れてしまった。

千葉都市モノレールと同様の軌道から車両を吊す「懸垂式」なのだが、街の中でのスケール感はまるで異なる印象を受けた。バス以上で電車以下という雰囲気のコンパクトさで、ちょうどよい感じ。もちろん、軌道の上に車両を載せる跨座式よりは大柄だけど。

その印象は、2車線かつ十分な歩道幅員がない道路の上空を、「単線」で通っていることに由来しているのだろうね。複線の千葉都市モノレールと比べると、橋脚が圧倒的に小さくおさまっているし、沿線の建物の軒先が近く感じる。すれ違いが駅部でしか行えないことから運行間隔などに制約があるのだろうけど、そのくらいがちょうどいいバランスなんじゃないかと思ったな。

それと、軌道の線形が単線だとスッキリきれいに見えるってのもいいね。特に大船駅を出てすぐのS字カーブが描くラインは、とてもすてきだった。煩雑になりやすい桁外側の垂直補剛材が、連続性を強化してよい方向に効いていると思ったな。

 

カオスな斜面

f:id:hachim:20170714181707j:plain

鹿児島県にある鶴田ダムによる大鶴湖畔の道路を通っていたら、突然、まるで現実感が無い空間にポンと放り出された気分になった。現地で目の前の風景がVRゴーグルで見たCGなんじゃないかと思ったけど、あらためて写真を見てもやっぱりCGだったんじゃないかと思う。

ちょっと見ただけでも、異なる勾配が多数混在している。さらに、モルタル吹き付け、種子吹き付け、法枠工、ロックボルト工など、多数の工法がパッチワーク的に混在している。道路線形も縦断勾配の変化がとても奇妙に感じた。全体的に時空がゆがんでいる感じ。

なんでこうなったのかはよくわからないけど、地すべりで元の道路が崩壊し、道路の線形を山側に振って再整備したんじゃないかと思う。その際に、様々な土質に合わせた安定勾配で切土し直して、それぞれの斜面を様々な工法で安定させた、と言ったところだろうか。災害時の緊急対応に追われて、破れかぶれに勢いでやったのかなあ。

斜面安定工としては決して褒められたもんじゃないと思うけど、混沌とした魅力を感じた。時々あるんだよなあ、この言葉では表現しにくい悩ましい感情。