はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

治水ヒーローたち

f:id:hachim:20191013145323j:plain

このたびの台風19号で被災されているみなさま、謹んでお見舞い申し上げます。現時点でも収束できない状況も多々ありますが、早期に安心が得られるよう、心よりお祈り申し上げます。また、台風15号の被害を受けてさらなる苦難に直面しているみなさま、一日でも早く平穏な日常が取り戻せるよう願っております。そして、復旧や支援の活動に取り組まれている関係者のみなさま、どうかご安全に進めてくださるよう応援しております。

今回の台風被害は、あまりにも広域かつ多種に及んでいる。報道やSNSなどで伝えられる情報を理解しようにも動揺の方が先行してしまい、この2日間は基本的に外出していないにも関わらず、やけにグッタリしている。特に当日の夕方以降に続々と報じられたダムの異常洪水時防災操作(緊急放流)や浸水などの情報は、本当に「これまで経験したことがない」状況のように感じた。

そこには、これまで日本が蓄積してきた治水インフラが総動員されているような印象があった。ダム、河川、遊水池、調節池、放水路、防潮堤、防潮水門など、いろんなタイプのスーパーヒーローたちが次々と最強の敵に挑み、刻々と変化する条件や時間的制約の中で一進一退の攻防を繰り広げていた。しかも敵も味方も登場する全員が自身の存在や役割への苦悩を抱えているという、まさしくアベンジャーズのような展開。きっとまだまだ先の読めない続編があるだろうから、すぐに気を引き締めておかないとな。

少々不謹慎な言い方だけど、個人的な推しメンである「荒川放水路」が現時点でも耐え抜いていることを、誇らしく思っている。隅田川の水位上昇を防ぐため、夜9時頃に上の写真にある岩淵水門のゲートが閉じられ、全ての水を荒川放水路が受け持ってからの展開がすごかった。なにしろ上流のダムが異常洪水時防災操作を予告していたし、荒川水系を含む東日本全域の河川で次々と氾濫危険情報が出されていたし、実際の浸水被害の報告も上がってきたし。東京の下町低地はいったいどうなってしまうのかとヒヤヒヤしながら、ヒーローたちの連係プレーを垣間見つつ、消耗したまま眠りについた。そして翌朝、堤防決壊による氾濫が他の地域で多数起こっていることに愕然とした。

ちなみに、もともと暴れ川だった荒川は、利根川とともに過去に何度も流路が付け替えられてきた。もちろん江戸および東京の防災および都市機能強化のために。その決定打として登場したのが、1911(明治44)年に着工して1930(昭和5)年に完成した荒川放水路という人工河川だ。あ、写真の岩淵水門はさらなる機能強化をすべく1982(昭和57)年につくられたもの。荒川放水路の役割や開削の歴史などにも熱いストーリーがあるので、国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所などのサイトをぜひとも参照していただきたい。治水システムの全体像をつかむのはなかなか難しいけど、このような災害をきっかけに、税金の使い道に関する知識を断片的にでも仕入れておくことは、決してマイナスにはならないだろうね。もちろん現時点で起きている災害の収束が、何よりも先なわけだが。

空港見物

f:id:hachim:20191006153612j:plain

スペインのバスク地方の空の玄関口であるビルバオ空港、またの名をソンディカ空港、さらにまたの名をロイウ空港のターミナルビルは、バレンシア地方出身のサンチャゴ・カラトラバが設計したもの。氏が手がけた構造物は、その土地の文脈を読んで最適解を導くというスタンスはほとんど感じられないし、使い勝手の悪さや補修補強を含む莫大な維持管理費などで世間を賑わせることも多い。しかしその造形力は卓越しており、僕もついつい機会をつくって見に行ってしまう。特にスペインにあるものは格別に説得力があるもんね。やはりビルバオ空港もたっぷり堪能できた。

帰国時の空港が見どころ満載だと、旅がとても充実した気分になる。海外旅行では移動に関わる時間的余裕を持つことの重要性をいくつかの失敗から実感している。このため、空港見物を目的のひとつに設定し、空港滞在時間を確保しておくことが多い。いまひとつだった場合は、ひたすら旅の振り返りをツイートすることになるけれど。

そうそう、到着時に注意すべき点があったよ。僕はパリでトランジットしてビルバオに入ったのだが、待てど暮らせど手荷物が出てこなかった。ほとんどの乗客はさっさと手荷物を受け取っていなくなったので、いくらなんでもこれはおかしいと焦りはじめた。周りの様子を真剣に観察していたら、ガラスで仕切られた奥のレーンで僕の荷物も含むいくつかのキャリーケースが寂しそうに回っているではないか。別の便のレーンだと思い込んでいたが、どうやら出発地がEU域内とEU域外で別扱いになっているのだ。空港職員が誘導してくれるわけではないので注意しようね。

感動できる構造

f:id:hachim:20191002210848j:plain

お正月のバスク紀行より、一見すると地味なんだけど高い感動が得られるエスカルドゥナ橋を。カルロス・フェルナンデス・カサド事務所の設計で1999年に竣工したこの橋は、曲線桁の上部にがっちりした大きなトラスが斜めに配置され、さらに幅員が広い歩道上部の大きな屋根には水平トラスが仕込まれている。歩行空間は思った以上に開放的で、トラスのリズム感がとても楽しい。

一枚の写真ではなかなか伝わらないと思うけど、実際に架橋環境とセットで桁上と桁下を体験してみると、道路の条件をクリアしながら桁に生じるねじりモーメントを上手に解いていることが深く納得できる。複雑な構造システムでありながら、シンプルな印象に仕上がっているってのは、爽快感すら覚えるね。この橋はもっと有名でもいいのではないだろうか。いや僕がしっかり認識できていなかっただけなのだろう。ともあれ、ビルバオを訪問する際にはぜひ立ち寄っていただきたいな。