はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

高度な安いデザイン

f:id:hachim:20181111182509j:plain

先月出張で札幌へ行くために、はじめて成田空港第3ターミナルを使った。かねてから見に行かねばなあと思っていたのだが、なんとなくズルズルしちゃってた。そもそも空港を使う時って、どうしても気持ちが焦ってしまうし、体力も温存しておきたくなるもんね。
この時は、せっかくの機会なのでしっかり見物しておこうと、時間に余裕があるバスで行った。降り立ったバスターミナルから、すでに最強のローコスト。つくり込んでやるもんかという意思が徹底されており、その媚びない姿勢に爽快感を覚えた。そこから続く昇降路や通路などでは、フェンスや手すりなどの人に近い部分の処理もとても上手にコストカットされていた。ここらへんは、下部工付検査路なんかに取り入れたい要素が満載で、土木方面の人たちにもすごく参考になると思ったな。もちろん、とても楽しみにしていた陸上トラックを模した動線誘導は、噂にたがわず素晴らしいものだった。ここを歩いているだけで、うっかり足早になってしまうし。これぞ高度な効率を求めるLCCの真骨頂だね。
思い起こせば、LCC専用ターミナルという衝撃を僕がはじめて受けたのは、2011年にライアン・エアで降り立ったマルセイユ・プロヴァンス空港だった。地中海リゾート感が全くないチープな空間に驚愕し、ヨーロッパのクラス分け意識を痛切に感じるとともに、まるで倉庫のようなLCC専用ターミナルでは自分のことを貨物と思った方が楽しいんだなと思ったりもした。
そんなこともあり、成田空港第3ターミナルはLCCの特性をしっかり読み解いて、そこに最適な質のデザインが施されていることがよくわかった。サイン類などの視覚要素を含めて、手抜きと思える部分はほとんどなかった。とは言え、移動時のストレスを極力減らしたいと思うようになってしまった僕としては、仕事のときにはもう使いたくないとも感じたな。時間をコントロールできてコストが重要になるプライベートの時には、気が変わるかもしれないけど。このようにユーザーが自発的にセグメンテーションしているってことは、空間デザインが本当によくできているって証拠だね。

仙台スリバチ

f:id:hachim:20181106112704j:plain

先週の日曜日、とある学生コンペの審査をするために仙台の東北大学に行ってきた。せっかくの機会なので、個人的に延泊して翌日に市内散策したいと思っていたのだが、その行程は全く考えていなかった。このため、懇親会の席で仲良くなった東北大の学生に「仙台らしさが感じられて、あなたにとって魅力があって、有名ではないところ」という乱暴な問いを投げかけたところ、いくつか紹介してもらった。これらのポイントを巡ったわけだが、ことごとく僕のツボに入る風景であり、満足感とともに仙台を後にした。彼のセンスを信じて、本当によかったな。

上の写真の場所では、すでに暗渠化されている広瀬川の支流が削ったスリバチ地形に、戸建て住宅が並んでいる。このような斜面はやはり「急傾斜地崩壊危険区域」に指定されているのだが、なんとも魅力的な高低差。特に素晴らしいのは、この上の段丘が超高層ビルを含めた比較的フラットな台地であること。この谷地形と大都市のコントラストが仙台らしさだとは知らなかった。

それと、写真には収められなかったのだが、すぐ上流側には大きな集合住宅がスリバチを埋めているという、独特の雰囲気の場所があった。道路の盛土によって全方位が囲まれた、見事な「一級スリバチ」だね。

廃墟になった塔

f:id:hachim:20181030101337j:plain

僕はかつて新札幌の職場に勤務していたこともあり、JR千歳線の車窓から「北海道百年記念塔」を日常的に眺めていた。もちろん、旭川に住んでいた小学生の時も含めて、過去に数回訪れたこともある。鮮明な記憶が残っているわけではないけれど、そこにあって当然という印象は抱いていた。

先日札幌で元同僚と飲んだ際に、老朽化による安全面の問題と維持費の確保が困難であるために解体が決定されたという話を聞き、少なからぬ衝撃を受けた。確かに数年前から閉鎖されていることは耳にしていたが、破棄されるところまでは想像できていなかった。札幌市民のみならず、北海道の人は慣れ親しんだモニュメントであるはずなのに。

そんなこともあり、早速翌日に訪問してきた。到着時にザッと雨に降られてしまったが、その後は急速に青空が見え始めた。タイミングよく、ダブルの虹がかかる姿を拝むことができたのは幸運だね。このブログでは珍しい写真ではあるけど、勢い余って載せちゃおう。いつ無くなるかわからない姿を心に焼き付けるべく、重い荷物を背負ったままたっぷり時間をかけて堪能した結果、大急ぎで新千歳空港に移動することになり、翌日の仕事に影響するほどグッタリする事態に陥った。

あらためて鑑賞した百年記念塔は、とてもカッコいい。耐候性鋼の荒々しいテクスチャーと、バキっとしたガンダムっぽい造形のコラボレーションがたまらない。ダイナミックな全体フォルムとものすごく繊細で複雑な細部の造形のコントラストにもゾワゾワする。廃墟になった今、鑑賞者の中の存在感が増大し、象徴性が強まっているようにも感じた。そして、帰りの飛行機や電車の中で写真を見ながらぼんやり考えているうちに、「北海道らしさ」を突きつけられた気分になった。 

北海道の大きな文化的特徴は、やはり厳しくも豊かな「自然」の環境、そして、全国各地からの入植者による「開拓」を切り離して考えることはできないだろう。時間的な醸成を経ることなく目の前の明確な困難を乗り越えた人々は、全体的におおらかであっさりしている傾向があるように思う。その点はとても好印象ではあるが、いざ街を歩いてみると景観のアイデンティティーがとても読み取りにくい。

そういえば、札幌は特に他都市に負けない文化的水準が高い公共施設をつくろう!みたいな気運が低い気がするし、価値を継続させたり残したりする感覚も希薄で、更新することが当たり前のようになっている気がしてきた。厳しくも豊かな自然環境に寄りかかって、そこに暮らす人々の営みをアーカイブしながら新たな文化をつくろうとする観点が希薄なのかなあなんてことを、合計12年間住んだ第二の故郷である北の大地に対して思いはじめている。

そんなことはさておき、百年記念塔の取り壊しはいつ始まるかわからないので、強い思い入れがある方は早めに鑑賞して、暖かく見送ろうね。