はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

交錯する巡礼路

f:id:hachim:20190107014951j:plain

今回のスペイン旅行の重要な目的は、スペインの構造家であるエドゥアルド・トロハが手がけた「アジオス水道橋」を訪問すること。80年前の1939年につくられたこの橋は、自分が死ぬまでに体験しておきたい個人的世界三大名橋の暫定リストに登録されている。ちなみに他のふたつはロベール・マイヤールによるサルギナトーベル橋と、リッカルド・モランディによるルシア橋(モランディ橋)であり、どちらもすでに参拝している。今回がいよいよ最後の巡礼というわけだ。

現地に行ってみると、この水道橋は世界遺産にも登録されている「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」を跨いでいることがわかった。これは、フランスをはじめとするヨーロッパ各地からピレネー山脈を越えてスペイン北西部にあるキリスト教の聖地に行くための、年間およそ10万人が歩くというルート。実際に橋を見ている最中にも大きな荷物を背負って歩く巡礼者を何人も見かけ、挨拶を交わした方もいた。

本物の巡礼者と一緒にしちゃいかんとは思いつつも、個人的な橋梁巡礼が文字通り交錯している光景には、うっかり胸が熱くなった。誰も共感してくれないだろうけどね。上の写真は、巡礼路の石橋とアジオス水道橋をセットで眺めた様子。どなたか僕に橋梁巡礼証明書を発行してくれないだろうか。いや、そこは自分でやるしかないか。

今回の旅はいろいろギリギリなことが多く、アジオス水道橋の巡礼ができて本当によかったと思っている。特に焦ったのは、パスポートの有効期限。今年の4月8日が有効期限だったのだが、別件の関係で出発の数日前に調べてみたら、シェンゲン領域国からの出国予定日から3か月以上残っていなければならないことが判明したのだ。僕が持っているチケットは1月8日出発、つまり期限当日だったわけだ。この時は本当に行けるのかと青ざめた。羽田空港のカウンターでは担当の方が何度も見直していたので、なお不安に。その後に大丈夫ですと太鼓判を押してくれたので、心底ホッとした。いやほんと、気をつけなければね。その前に、自宅にちゃんと帰ってただいまと言うまでが巡礼だろうから、残り1日も気を引き締めて行動し、確実に帰国の途につきたい。

 

転換のシンボル

f:id:hachim:20190105160901j:plain

あけましておめでとうございます。本年も本ブログを生暖かく見守ってくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。僕は新年早々、休暇をフル利用して海外逃亡しており、スペイン北部のバスク地方とリオハ地方を巡っている最中です。まあ自慢なわけですが。

今回は日本を夜中に出発し、フランスのシャルル・ド・ゴール空港を経由して翌日朝方にビルバオに入った。機内ではまともに寝ることができなかったため、到着時には朦朧としていた。ところが、ビルバオには体験すべきものがたくさんありすぎて、ビシッとせざるを得なかった。いやほんと長い一日だったな。

最初にどうしても行きたかったのが、ビルバオ・グッゲンハイム美術館。フランク・ゲーリーによって設計され1997年にオープンした、やたらとエグい建築物。いやもう、ため息の連続だった。ゲーリーだけでなく、さまざまな関係者の怨念のようなものを強烈に感じる空間と造形だった。やっぱり、実際に体験してみないとわからないことだらけだね。こんな建築物を実現させた街はすごい。

ビルバオはかつて製鉄や造船などで栄えていたが、1980年頃にはすっかり疲弊していたらしい。そんな工業依存都市から脱却するために取り組まれたのが、文化とインフラへの投資。その象徴がこの美術館なわけだ。これが突出しているように見えるけど、都市全体のコーディネートを考えた総合的な取り組みがしっかり存在し、その根底にはバスク文化があるってことがとてもよく感じられた。すっかり観光都市として成熟してきたのは、一過性のイベント的な仕掛けではないためだと強く感じた。ここらへんは帰国してからもっと調べて、深く掘り下げて理解したいところだな。

ビルバオ・グッゲンハイム美術館の素晴らしさは、外側と内側でうまく連続しているゲーリーの造形の凄まじさってのもあるけれど、川や地形との関係も極めて重要。どこからでも見えて、どこからでもワクワクできる。ちょっと浮かした川沿いの桁橋は最高の視点場であり、最高のシークエンスが体験できるし。

もちろん中身もすごい。特にリチャード・セラによる鉄の街・ビルバオにふさわしい巨大鉄板作品は、自分の感覚がおかしくなるよろこびを感じた。ドボク感が強いのはスケールアウトした空間構成からかな。いずれにしても、しっかり反芻したい。

私的ドボク大賞2018

f:id:hachim:20181231125314j:plain

今年もどうにか大晦日を迎えることができた。そこで第10回目となる歳末恒例行事『私的ドボク大賞』を実施しよう。これは、僕がその年に体験したドボク的ネタを僕が振り返り、僕が最も感激したものを僕が選定して僕が表彰するという、自作自演で誰も共感できないアワードである。

今回もtwitteを用いてノミネート作品を選定し、そこから最終選考の対象となる作品を絞り込む方式を採用する。ノミネートは以下の通りの14作品となった。

1:トコトコダンダン(大阪)、2:土木展 in 上海(上海)、3:凌空SOHO(上海)、4:1933老場坊(上海)、5:すごいぞ!ボクの土木展(佐賀)、6:成富兵庫茂安の足跡(佐賀)、7:有明海と共生するシステム(佐賀)、8:出島表門橋(長崎)、9:中島川両岸のバイパス水路(長崎)、10:新長崎県庁舎と防災緑地(長崎)、11:長崎の坂(長崎)、12:奥多摩の橋梁群(東京)、13:モエレ沼公園(札幌)、14:北海道百年記念塔(札幌)

当初は「成富兵庫茂安の足跡」と「石井樋」を別々にしていたが、分ける意味がないので統合することにした。「石井樋」は昨年もノミネートされているために、ついつい勢いづいてしまったのだろう。ここら辺のフットワークの良さが本アワードのいいところだ。とは言え、ここからどうしよう。とても悩ましい。今年は消去法で最終選考作品を選んでみようか。

1:トコトコダンダン、8:出島表門橋、13:モエレ沼公園については、それぞれが権威ある賞をたくさん受賞しており、いまさら僕が表彰するなんておこがましく思えるので、最終選考リストからははずそうか。2:土木展 in 上海、5:すごいぞ!ボクの土木展については、個人的な価値がものすごくあったイベントなんだけど、まだまだ高みに行けるという期待を込めて、やはり選外としよう。10:新長崎県庁舎と防災緑地、12:奥多摩の橋梁群は、こちらの都合で恐縮だけど、もっとじっくり堪能して魅力を掘り下げてから判断したいので、今回は保留とする。

ということで、最終選考作品は以下の通り。やばい、あまり減っていないじゃないか。

3:凌空SOHO(上海)、4:1933老場坊(上海)、6:成富兵庫茂安の足跡(佐賀)、7:有明海と共生するシステム(佐賀)、9:中島川両岸のバイパス水路(長崎)、11:長崎の坂(長崎)、14:北海道百年記念塔(札幌)

さあどうするか。やはりとても悩ましい。それぞれが僕の中にしっかりとした位置付けをつくり出した印象深い作品だもんな。ここは一気に決めるしかないな。

 ・、

 ・・、

 ・・・、

よしっ!!私的ドボク大賞2018は『成富兵庫茂安の足跡』で決定だっ!!

戦国武将から民政家になった成富兵庫茂安が手がけた具体的な施設の中で、僕が見て回ったものは「石井樋」「桃の川水路(馬の頭)」「三千石井樋」の3つだが、具体的な対象物として確認しにくい水利システムを構築しているし、その点が重要だったりする。ここらへんはノミネート作品「7:有明海と共生するシステム」とも重複している。つまり、有明海と向き合う特殊地形における地域のインフラシステムが、現在も脈々と息づいているのだ。この時空を越えた価値は、凄まじいものを感じる。しかも、佐賀以外の人にはほとんど知られていない「地域限定」って事実も泣けてくる。

僕は「すごいぞ!ボクの土木展」に関わるようになった昨年夏から、少しずつ佐賀の土木を勉強して、成富兵庫茂安のすごさをじっくり噛みしめてきた。そんな蓄積があり、今年は堂々の大賞受賞に至ったというわけだ。

なお、上の写真は「三千石井樋」という江戸時代の寛政年間につくられた城原川の取水堰。大賞とは思えないほど地味だね。そこがまたいいんだけど。また、成富兵庫茂安の功績の一端をもう少し踏み込んで知りたい方は、以下の記事を読むといいだろう。今回の作品タイトルも、この記事タイトルから拝借している。

ミツカン水の文化センター|機関誌『水の文化』32号 治水家の統|成富兵庫茂安の足跡|島谷幸宏

 

ということで、このブログをご覧くださった多くのみなさま、まことにありがとうございました。以前に比べると細々とした更新になっていくかもしれませんが、なんとか継続していきたいと思っています。どうぞ良いお年をお迎えください。