はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

そこら辺の絶景

f:id:hachim:20200329134532j:plain

新型コロナウイルスの影響で引きこもっている週末、なんとなく気持ちが前向きにならない。何冊も持ち帰った書籍を読もうとしても、数ページで集中力が切れてしまい、前に進めない。映画を鑑賞しようかと思ったが、そもそも選ぶ段階で挫折してしまった。こんな時にはYouTubeの「ゲームさんぽ」という教養番組?をダラダラ観るのが最適であることを少し前に学んだが、すでに概ね鑑賞し終えてしまった。今年に入ってから毎日のように観ているアニメ「映像研には手を出すな!」の録画は、もう少し集中力が戻ってから気持ちを整えて鑑賞したい。

そんな流れで、やっぱりいつものように、過去に自分が撮った写真をダラダラ眺めている。特に整理整頓するわけでもなく、自分がここ数年で興味を向けているものはなんなのかなあと、ぼんやりと考えながら。もちろん被写体として圧倒的に多いのは、調査や取材の対象として取り上げたものや、旅行の際に事前に調べてから訪問した鑑賞対象だ。それらには、おそらく外部の情報から興味を持ったのだろうし、このブログにも頻繁に書き散らかしている。そこそこ有名だし、そこそこ参考にできる記述もどこかにあるしね。つまり、見方の方法や手がかりはすでに存在しているものだ。

そのような対象にまぎれてチラホラ散見されるのが、なんというか、取るに足らない対象物や風景の写真。たいていは自分の中でなにかモヤモヤした感情を抱き、とりあえず撮って残してみたというものだ。なにかを観に行ったときは、自分のアンテナ感度が高まっているので、ついつい撮っちゃうもんね。もちろんそこには、「巧まざる造形」「室外機コレクション」「パーキングスケープ」「ゴージャス避難階段」「ラッピング名所」など、すでに個人的な収集テーマとしているものも含まれる。

で、これらは結構重要だよなあと、いまさら意識したわけだ。見方によっては絶景になり得るし、その眺めの読み方はまだ一般的ではない可能性があるので。ということで、取るに足らない眺めの見方に対する読み解き方を示すために、「そこら辺の絶景」を意識的に拾い上げていきたい。という自分に対する意志表明をメモとしてここに残しておく。

以下、現時点でなんとなくピックアップしておきたい絶景に関する、個人的な走り書き。作家性が感じられないもの、つまり、美の実現を目論んでいないであろうもの。その眺めが生まれた背景が見え隠れするもの。過去の価値感を引きずり、少々ズレた環境や材料でそれを表現したもの。スケールが異なる時間や空間が衝突する際に生じたもの。など。 

時代をつくった橋

f:id:hachim:20200327194501j:plain

世界中の国がその往来を閉ざしているいま、ほんの3ヶ月前にイギリスに行ったことが、はるか昔の夢のように思えてくる。でも確かにブルネルの偉業を見てきたんだよな。

そのブルネルを含むイギリスの土木技術者は基本的に経験主義的な解き方をしており、そのことをエッフェルは否定的に見ていたようだ。そして、理論と計算から構造物を軽く、安く、強く、信頼できるものにしていったという。その象徴が、パリのエッフェル塔が完成する5年前の1884年に架けられた、現役鉄道橋のガラビ橋だね。

軽量なトラス桁を支持する三日月型アーチの基部にヒンジを用いることで経済性を高め、風荷重に抵抗する裾広がりの三次元的な造形になっている。強弱のある錬鉄の部材で全体が構成されており、見事な工芸品のような繊細さを併せ持つ、装飾に依らない新たな構造形態が実現した。

いや、なんでこんな話をし始めたかというと、つい先日送った文章を書くために、あらためてビリントンの「塔と橋 構造芸術の誕生」を読んだので。やっぱりこの本、すごくいいな。一般書では全くないけれど、産業革命以降の技術史の読み物として楽しめるよ。

塔と橋―構造芸術の誕生

塔と橋―構造芸術の誕生

 

今が旬

f:id:hachim:20200315164721j:plain

もう10年近く前になるが、オランダ滞在時に有名な観光名所が改装中という事態に幾度となく見舞われた。それを繰り返すうちに、足場や養生シートで覆われた名所になんとなく反応するようになり、気がつくと写真で記録するようになっていた。

そんなこともあって、有名なのに見たことがない宮島の厳島神社の大鳥居が作業足場に囲まれていると知り、これは今のうちに見に行かねばならないとウズウズしていた。この度ようやく広島への出張が実現したため、前乗りして宮島を訪問した。

これが思っていた以上に素敵だった。足場で覆われた大鳥居の姿は、奥ゆかしいのに堂々としていて、とにかくかっこいい。もちろんこの件については、自分でも自分はどうかしているのではと思っている。