読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

昔の近未来


1958年にベルギーのブリュッセルで開かれた万国博覧会のメインパビリオンで、現在は展望施設および展示施設として利用されている「アトミウム」は、大方の予想に反してものすごく面白いよ。
科学技術が拓く明るい未来が信じられていた素敵な時代の建造物。鉄の分子というミクロなものを、高さ100m以上まで拡大した異様な物体からは、十分なインパクトが与えられる。全体的に垢抜けない微妙な空気をまとっていることも大きな魅力だし、随所にちりばめられたマニアパレル的なテイストのデザインはかなりツボにはまる。
アトミウムの中心のシャフトにはエレベータがあって、最上部の展望台まで一気に上る。天井がシースルーでちょうかっこいい。この50年以上前の未来感や宇宙感は、半端ない破壊力を持っている。入場料11ユーロというのは高いのではないかと疑念も吹っ飛ぶよ。ブリュッセルにお越しの際は、ぜひお試しください。