読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

パイプ屋根

地下 形態


ミラノのポルタ・ベネツィア駅の、メトロじゃなくてS線の方の駅部。土かぶりの少なさのためか、パイプルーフ工法(THパイプルーフ技術協会|工法の概要)で大空間をつくり出している。特殊な工法がそのまま空間フォルムやディテールに反映されているのがとても面白い。それだけに惜しい点もたくさん目についてしまう。コンコースのフロアをせっかく天井から吊り下げているのに浮遊感や緊張感が全然ないんだよね。大味なディテールも残念だし。でもまあ素敵な未来感はあるよね。
この駅があるブエノスアイレス通りはわりと庶民的なお店が多いショッピング街で、なにかとアクセスもいいので滞在中によく行った。いかにもミラノなピザやオッソブッコが食べられるレストランもあるんだよな。あれはうまかった。思い出しただけでおなかが空いてきた。