読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

同じことの繰り返し

ペデ 細部


ルール工業地帯のゲルゼンキルヒェンに架かるFootbridge harbour Grimbergの高欄。信じがたい外観はこちら。フェンスの面には簡素な金網を用い、それを上下端のケーブルに張り渡し、ケーブルは端部ですっきり定着させている。極めて簡素なつくりで、極めて透過性が高い。ああ高欄とはこうあるべきなんだなと思ってしまう。
シュライヒの橋のディテールは、よく観察してみると年代を経るごとによりシンプルで合理的な方向へ少しずつ進化していることがわかるのだけど、どれもだいたい同じと言っても構わないだろう。同じようなことを繰り返すのは、完成度が高いことの証なんだろうね。