読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

駅前ビルの表層

建築 素材

f:id:hachim:20161206224508j:plain

新橋駅前ビル1号館が纏っているテクスチャーは、懐かしい未来感に溢れている。それは、なんとも絶妙な色彩、透明感、素材感がつくり出すグリッド。新橋駅の東側を通るときには、いつもうっとり眺めてしまう。

第一京浜側のフラットな面を眺めて、壮大な矩形の繰り返しによってクラクラ感を得るのもいい。でも個人的には、新橋駅側の複雑な造形を堪能するアイテムとしてこのテクスチャーを捉えることをオススメしたい。グリッドを手がかりにいろんな場所から連続的に眺めることで、形態や距離の変化を楽しめるよ。

それにしてもこのビル、なんでこんな複雑な構成になっているんだろうかね。つくられたのは1966(昭和41)年ということだが、50年前に実施された駅前再開発のややこしさが反映されたのかなあ。