はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

追悼

f:id:hachim:20190312234535j:plain

今回はいつにも増して、極めて個人的なお話。

ーーーーー

ドイツのケンプテンを拠点に活躍していた構造エンジニアで、個人的にも親しい友人だった増渕基さんが、先週の3月5日に急逝しました。残されたご家族のご心痛をお察し申し上げ、ご冥福をお祈り申し上げます。僕もいつでも彼の在りし日のことを思い出せるよう、個人的な記録をここに残しておきます。

この一週間、僕は抜け殻のようになってぼんやりと時間を過ごしたり、彼と出かけた際の写真を繰り返し眺めたり、SNSなどで彼とやりとりした記録を見返したりと、深い喪失感を味わってきた。うすうす気付いていたけど、僕は彼に憧れていたようだ。

それは僕がまだ会社員だった頃、彼が大学生アルバイトとして同じチームで一緒に仕事をしたときからすでに感じており、日本にとどまらず世界の構造デザインをリードする人物であることを確信していた。その次の職場でも彼に手伝ってもらう時期があり、さらに欧州滞在時にはずいぶんお世話になった。彼の思慮深い真摯な姿勢には、常に影響されてきたと感じる。その証拠に、僕の外部記憶装置であるこのブログには、彼に関する記載が随所にある。しばらく時間をかけて、それらをゆっくり振り返ってみよう。

ーーーーー

彼のツイートを起点として、何人かの方を巻き込みつつ「緑」の捉え方についてやりとりをした。その際の写真は、彼が運転をする車の助手席から撮ったものだ。「緑」に関しては人によって少しずつ意見が違うことが確認でき、なんとも頼もしく楽しい気分になった。

 

この橋のことは彼も気になっていたようで、すぐに調べて情報をくれた。ドイツ橋梁界の巨人であるレオンハルトが長い期間にわたって関わられていたことを確認してくれた。

 

橋梁専門誌に掲載された彼と僕との共著記事に、この橋の設計者であるマルテ氏へのインタビューの内容を盛り込んでくれた。彼の自宅を拠点にした旅で、この施工現場を見ることができ、その後に彼も訪問したようだ。

 

コンツェット氏によるトレッキングコースをともに歩いたときは、本当に楽しく素晴らしい体験だった。彼がいなければ実現することはなかっただろう。もちろん、共著記事のネタにすることが目的だったわけだが、その根底には、彼も僕も素晴らしい橋を体験したいというモチベーションがあったから。そんなことを共有できる友人は少ない。

 

コンツェット氏へのインタビューは、僕がケンプテンに遊びに行く算段をしているときに彼から提案された。彼は著名な構造設計家の設計思想を探ることを、まるでライフワークのように楽しんでいた節がある。僕としてはその姿勢にすっかり便乗したことで、とても美味しい場面を用意してもらうことができた。

 

このモニュメントは、僕がケンプテンからオーストリアに行った際に一度立ち寄った。その話を彼の自宅で話したところ、後にマルテ・マルテにもインタビューしに行くこともあって、早くも翌々日、フリムスに行く道中に再訪することに。 

 

フェルトキルヒに行った際に見たこの橋のことを、彼に自慢げに話した。すると案の定、強い興味を持ったようだ。ほんの1ヶ月くらいで見に行ったように思う。そして、軽量化にまつわる話や洪水時の対応などを追加でいろいろ調べてくれた。

 

 「Footbridges―構造・デザイン・歴史」に掲載されているこの橋は、彼が翻訳を担当していた。しかし、彼は未見だったということを知り、一緒に見に行くことに。ついでに下の高速道路も通って、さらについでにずっと先のチューリッヒまで送ってもらった。たいへん恐縮しつつも、本当に楽しい旅だった。

 

この橋のことは建築系のウェブサイトで知り、その後に実際に見に行ったという彼から情報をもらっていた。2016年の旅における、ひとつのきっかけとなった橋。だからこそ感慨深く、思い出深い。

 

(3/31はここまで)

ーーーーー

この夏から日本で仕事をすると聞いており、まさにこれからという機が熟した状態だった。そして、多くの方が今の日本に必要な人物であることを意識していたように感じる。それだけに、本当に残念でならない。