はちまドボク

何かからはみ出した、もうひとつの風景

ブルータリズム教会

f:id:hachim:20160820204632j:plain

アルプスの山々に囲まれた深い谷にあるクール(Chur)という街で、コンクリートでつくられた面白い教会を訪問した。デジタルテレビのブロックノイズか、終盤で失敗したテトリスか、マインクラフトの世界で作り上げたのかと思うほど、なんとも荒々しい造形の教会だ。

名前はハイリッヒクロイツキルヒェ(Heiligkreuzkirche:聖十字架教会)、完成は1969年、設計はヴァルター・フォェルダラー(Walter Förderer)。外側も内側も、ブルータリズムに位置づけられるだろうやりたい放題の力強い造形に、好きか嫌いかはさておき、完全に圧倒された。

何年か前に、世界最大の重力式コンクリートダムのグランド・ディクサンス・ダムのをリスペクトしてつくられたというコンクリート教会のことを知り、少し調べたらこの教会に行き当たった。今回の旅でクールを訪れることから、ぜひ見てみたいと思って行程に組み込んだわけだ。この教会、ネット上で日本語の情報をほとんど見つけられなかったんだけど、もう少し有名でもいいよねえ。

そういえば、今回はカーナビにグーグルマップを使用したのだが、Churを「チャー」と発音していた。たとえば「16番チャーノルド出口をチャー方面に」などと、最初は何のことだかさっぱりわからず、そのたびにツッコミを入れ続けることになった。なお、ドイツ語だと「クゥァ」か「フゥァ」という発音が近いと思う。まあどっちでもいい話だな。